二人目逮捕!(記事掲載します)

茨城県美浦村で2004年1月、茨城大農学部2年の女子学生(当時21歳)が殺害された事件で、茨城県警は24日、国際手配していたフィリピン国籍の元少年(33)=当時18歳=を殺人と強姦(ごうかん)致死容疑で逮捕した。県警は認否を明らかにしていないが、事件への関与は認めているという。


 逮捕容疑は04年1月31日午前0時〜6時半ごろ、主犯格とみられるランパノ・ジェリコ・モリ被告(37)=1、2審で無期懲役判決=らと共謀し、同県阿見町の路上で、女子学生を自動車内に連れ込み、走行中の車内で性的暴行をした。その後、同県美浦村舟子の川岸で、女子学生の首を手などで絞め、さらに刃物で切りつけるなどして殺害したとしている。


 県警捜査1課によると、元少年は07年にフィリピンへ帰国し逃亡生活を送っていた。昨年、県警が国内外の関係者に働きかけ、出頭するよう促すと、元少年側から出頭の意思があると伝えてきた。県警は24日夜、成田空港に到着した元少年が再入国したところで逮捕した。


 昨年7月に水戸地裁であったランパノ被告の裁判員裁判で、ランパノ被告は検察側の被告人質問に対し、元少年ら2人と飲酒後、元少年が「女が欲しいね。女でも探そうか」と提案してきたと証言した。


 共犯とされるもう1人の元少年(34)=当時19歳=はフィリピンに帰国しており、国際手配されているが逮捕の見通しは立っていない。

この記事へのコメント