Fの気になるキー

アクセスカウンタ

zoom RSS 1999年5月、川俣智美さん殺害・遺体遺棄事件 (筑波大女子学生殺人事件)

<<   作成日時 : 2009/09/27 23:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 1

1999年5月3日、4月10日から行方不明になっていた筑波大学一年の川俣智美さん(第三学群工学基礎学類)が、つくば市高田の山林から遺体で発見された。
発見された現場は土浦学園線とエキスポ通りが交差する地点から一キロほど離れたシナ竹林で、人気は少ない。
市道から約10メートルはなれた場所に下着と靴下のみで仰向けになっていた。

当時の記事からの情報を整理すると、

○死後2週間以上経過  ○頭部が一部白骨化 ○窒息死とみられる
○首には下着が巻かれていた  ○暴行のあとは見られない
○現場は、筑波大から南西方向に約4キロ。山間部ではなく平地だが、林に覆われ普段は人の出入りが少ないところだった。
○事件に関連があるとして4月10日夕方に一緒に歩いていたところを目撃されている外国人(白人)のモンタージュをもとに捜査を続けている(身長185センチの白人)
○現在捜査本部に設置されたフリーダイヤルは無い(2001年3月廃止)

<川俣さんの足取り>

1999年4月7日 入学式に出席 (4月6日入寮)

4月8日学校へ

4月9日学校へ →夜は学類のコンパに出席

4月10日夜 一の矢宿舎周辺で外国人男性と2人で歩いているのを目撃されて以降消息を絶つ

4月14日両親により捜索願が出される

5月3日つくば市高田の山林から遺体で発見される


<その他の記事から>

1999年5月3日、茨城県筑波市の山中で一部白骨化した女性の死体が発見された。
遺体は靴下にパンティだけを身に付け、首にはブラジャーが巻き付けられていた。
遺体で発見されたのは、筑波大学第三学群1年生の川俣智美(19)さんで、99年4月7日に同大学に入学したばかりの新入生だった。
智美さんは、神奈川県藤沢市出身。
音楽講師の父と学校教諭の母との間に生まれた一人娘で、湘南高校を卒業後、一浪して筑波大学に入学した。
入学して3日後の4月10日、「イタリア人と、食事に行く」と友人に話したのを最後に失踪し、
同月14日に捜索願が出されていた。
現在も警察は、事件当日一緒に食事に行ったとされる外国人男性を似顔絵を作成し、行方を追っている。


※下記に新聞記事写真を掲載しておきます(筑波学生新聞より)
画像



※モンスターの仕業とは言い切れない事件のひとつではあるのだが、その外国人の存在がわからないままで
刻々と時間が過ぎてしまっている。
事件当時、何かしら知っている人はいないのか。
でも地理的にはモンスターもかなり怪しい位置にいる。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
かわいい かわいい
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
風体から外人と勘違いしたんでしょうね
(暗かったし…)

疑われたイタリアンのシロは判明してるはずです。
(少なくとも警察はそう発表した、イタリアまで行った、とも)

あれ、めちゃ背の高い日本人院生で、今郷里で教師してますよ!
木卯 ノI|
2013/07/19 16:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
1999年5月、川俣智美さん殺害・遺体遺棄事件 (筑波大女子学生殺人事件) Fの気になるキー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる