Fの気になるキー

アクセスカウンタ

zoom RSS <現場報告2009年4月訪> 水戸市中国人女性留学生被害殺人・死体遺棄事件 

<<   作成日時 : 2009/04/22 03:06   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2005年水戸市根本4の那珂川沿いの草むらで、女性の死体が発見された事件から丸4年が経とうとしている。
2009年4月某日に遺体が見つかった場所へ行ってみた。

2005年水戸市根本4の那珂川沿いの草むらで、中国籍の留学生、于燕(ゆいいえん)さんの死体が発見された事件の現場は今どうなっているのか、また現場の細かいところまでは報道でも確認できていなかったため、今回の一念発起の経緯となった。

現場の感想はFの記事掲載にもあるとおり、現場はJR水戸駅から北西方向に約2キロ・メートルにある那珂川右岸の堤防沿いで、「堤防の反対南側には住宅と畑が続くが、堤防上の舗装道路は夜間は人通りがほとんど無い」というとおり、のどかな風景で昼間は人々の散歩やマラソンなどで通行する程度の場所。当日も数人が散歩に歩いている程度で、車などはほとんど見かけない。

それから、遺体発見現場の「那珂川沿いの草むら」という場所は実は排水管の門扉がすぐのところにあり、写真を見てもらえればわかると思うが、報道などで読む想像とは少し違う気がした。
車も実際通行できるがちょっと特殊な感じ。これまでF的には車から遺体をわざわざどっかへ止めて遺体遺棄現場まで運んだのだろうと犯人の一苦労さを想像していたが、実際は遺体遺棄現場のすぐ前まで行くことが出来る。
もちろん、パトカーが止まっている写真を掲載しているので車は通行できると思うのだが。
それにしても、写真を見てもわかるように結構土手の下だから死角になるし昼間だって車を止めても意外とわからないところだ。犯人はこうした環境の形状をよく知っている。
近くで家庭菜園をやっている畑の方に聞いたが、4年前と基本的に道路など景色は変わっていないという。

また、犯人はなぜこの場所へ遺体を捨てたのか?という疑問より「なぜここを知っているのだろう?」という疑問のほうが先に来る。見つからないかも知れないというより見つかっても構わないくらいの場所だとも思うが、発見当日に見つけた親子もこの堤防を散歩中に現場を覗き込んで偶然見つけたということが想像できるからご遺体にとっては良かったし、もちろん残念な結果となったが、何より被害者が見つかってよかったと思う。現場には古くはなっていたが花束があった。

でだ、当日とってきた写真を一部公開します。


画像


画像


画像


画像



モンスターへ:おまえさー絶対つかまるよ、言っとくけど。





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<現場報告2009年4月訪> 水戸市中国人女性留学生被害殺人・死体遺棄事件  Fの気になるキー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる